《宙を奏でる点描曼荼羅画セルカラーリング体験》

Date:
Time:

Lot.n Workshop Café
《宙を奏でる点描曼荼羅画セルカラーリング体験》

宙奏セル・カラーリングとは
宙を奏でる点描曼荼羅画の下図に、セオリーに沿った方法で点描で色を入れていく、いわば点描のぬり絵です。
点描を打つ時のお写経にも似た静謐な時間の中で、あなたはどんどんと気づきの奥へ誘われていきます。
流れていく思考は「あなたを見ているあなた」がいることを気づかせ、「今、ここにある自分を静かに強く感じること」の大切さを体得させてくれるでしょう。
また、点描を打つ時の心地よさはあなたの緊張を緩め、自律神経に良い働きかけをします。
自分の内面に意識を向け、描き上げることで、いつの間にか願いが叶っていたとの嬉しいお話をよく頂いております。

そんな宙を奏でる点描曼荼羅画の世界に触れてみませんか?
点描する事であなただけの曼荼羅に出逢えます♡

◎日 時:3月18日(土)13:30~16:00
◎講 師:宙奏曼荼羅プラクティショナー(アートかのん日音)木口美和子
◎講座内容:12cm角の用紙に宙奏曼荼羅の3パターンある下図の一つをこちらで用意して、点描曼荼羅画を仕上げていきます。
◎参加費:¥3,000(受講料、材料費、お茶代含)
※お友達割引あり。二人以上でご予約いただいた場合、お一人2,500円になります。
◎定 員:12名様(定員になり次第締め切ります)
◎場 所:ロットン(沼津市上土町10、リバーサイドホテル北隣)
◎持ち物:シニアグラスご使用の方はご持参下さい。m(__)m
☆すぐに飾って頂く為の額付きになります。
※材料、道具はこちらで用意します。
※手ぶらで参加して完成品はお持ち帰り頂けます。
※年齢・性別に関係なくおしゃべりしながら楽しめます!

◆お問合せ・お申し込みは、Lot.n(ロットン) までお気軽にお電話下さい。
メールでのお問合せ・お申し込みも受付けています。
055-951-3810
https://www.facebook.com/lot.of.nature/
morino@lotn.jp

◆お申込み方法
下記の申込みフォームよりお申込み下さい。
※参加するワークショップ名を必ずご記入下さい。

●点描曼荼羅画に関する収益金の一部を「IPPO絆の会」
福島県相馬市震災孤児あしなが募金活動団体に寄付します!
http://blogs.yahoo.co.jp/ippo_kizuna#actionbutton

お問合せ・お申込み

お名前 (必須)
メールアドレス (必須)
電話番号 (必須)
種 別 お問合せお申込み
メッセージ
お問合せの場合には、お問合せ内容を、
お申込みの場合には、講座名と人数をご記入下さい。





☆宙奏曼荼羅プラクティショナー(アートかのん日音)☆




♥ 宙奏曼荼羅画の効果 ♥

♡ ヒーリング ♡
宙奏曼荼羅画を描くこと、特に点描を入れる作業は、お写経に似ていると感じます。
外界の雑音から離れ、静かに、黙々と自らの内側へ入りこんでいく時間があなたには必要ではないでしょうか?
宙奏曼荼羅画が持つ図形(幾何学)も、また、見ていることによって届く波動があり、これらを合わせ、内側から、外側から、「描く」という行為があなたの心と魂にやすらぎを与え、癒していきます。

♡ グランディング ♡
英語では【down to earth(地に足が付いている)】とも表現されますが、人間の持つスピリチュアルな側面に影響されすぎると、足は地から離れます。ここに生まれて来た意味は、「今を生きる」為であることを、形あるものの代表格である「図形」が生み出すものから、理解することができるでしょう。
「形」がそうであるように何物にも必ず意味は在りますが、意味に振り回される必要が無いということも曼荼羅画は教えてくれます。

♡ シンクロニシティ ♡
「シンクロニシティ」~今ではずいぶんと耳慣れた言葉かと思います。「意味のある偶然」そんな風に説明されますね。
しかしそこには人生に関わる大きなヒントが含まれています。
これは体験していただくのが一番かと思いますが、宙奏曼荼羅画を描いていると、とにかくシンクロが増えます。ラジオのチューニングのように、安定した周波数にセットされるからかな?私はそんな風に考えています。

♡ クリエイション ♡
円を描くこと、点を打つことで私たちは、色々なものを整えているのかもしれません。宙奏曼荼羅画を描くときに高い周波数の波動が出るとしたら?あなたの創造のパワーが光を増してきます。

♡ 直観力 ♡
直感を受け取り素直に行動すると、次々と目の前の扉が開いて私を迎え入れました。
気が付いたら魂のダイナミックな旅が始まっていました。
「宙奏曼荼羅」は、この最強の道しるべをたどる、初めの扉です。
「直感」という宇宙の恩恵を受け取るために、「宇宙(すべての創造を担う存在)のかけらである自分」をあなた自身の中に見つけ育てましょう。
「宙奏曼荼羅」があなたをナビゲートします。
あなたがその手に準備するものは、「俯瞰し素直でいる心」手に持っていてはいけないのは(ここでは)「現世で培った物差し」です。